ヒルザウ 聖ペテロ・パウロ修道院跡 (9月12日)

イメージ 1
 
バーデン・ヴェルデンベルグ州のヒルザウという街にある「聖ペテロ・パウロ修道院」跡。南ドイツの地にあって、最も古い修道院の一つであり、当時、最も影響力のあった修道院。17世紀にフランス軍によって徹底的に破壊されたという。現在まで、修復されることなく、廃墟のまま伝わっている。しかし、残された箇所からも、当時の基本的な修道院の形式だったことがよくわかる。写真は、回廊の外壁。
 
イメージ 2
 
中庭と、そこに突き出た形で作られていた泉の跡。
 
イメージ 3
 
聖壇の跡。今は、大きな木の十字架だけが立っている。きらびやかな聖壇も、壊されてしまえば、この程度なのだ、という、人間の力のむなしさを物語っているようだ。
 
イメージ 4
 
この敷地内にあるコーヒーショップ。昔の倉庫を改造したらしい。なかなか趣のある店である。